これは新しい!斬新な切り口で話題の映画「SEARCH(サーチ)」の魅力とは?


映画に対するアプローチが新しいと何やらすごいウワサになっている映画「SEARCH(サーチ)」を観てきました。
本作は基本的にパソコンの画面の中で展開されていくサスペンススリラー。
最近だと音に関する演出で話題になった ドントブリーズクワイエットプレイス など、
目新しいアプローチの作品が多いですが、今回もその類のものと言えるでしょう。

あらすじ

嫁と娘を持つ一人の父親として描かれる本作の主人公は、幸せな生活を送っていたが、病を患った嫁を失ってしまう。
それでも残された娘と仲睦まじく暮らしてきた。
親という責任からか、頻繁に娘のテストの成績やスケジュールを気にする父親の姿は 年頃の娘に対して、やや過干渉気味に描かれている。
本作はそんな大事な愛娘が突如失踪してしまうところから始まる。

この映画の見どころ

常にメールやFacetimeで娘と連絡を取っていた主人公ですが、ある夜を境に連絡が一切取れなくなってしまいます。
焦る父親は、娘の交友関係をSNSを使ってはサーチ(検索)していき、 徐々に彼は事件の真相に近づいていくのです。

  • なぜ娘は失踪したのか?
  • 自分を愛してくれていると思っていた娘の本当の姿とは?

見どころその1:この映画ならではの表現 / 演出が素晴らしい

映画を見終わるまで僕は正直、画面の中だけで展開されていくのは、
そりゃあ目新しさはあるものの、退屈なのではないかと思っていました。
パソコンの画面なんて普段から見ているワケですし。笑
ただ映画ならではの緊張感や役者の感情が実に見事に表現されています。
例えば、 操作するマウスの描く軌跡が、揺らいだり止まったりすることによる不安
一度タイプした文章を推敲して、打ち直すといった動きで迷い を感じたりなど
無機質なディスプレイから主人公の心情が手に取るようにわかる のです。
役者の演技力ももちろん大事ですが、我々が使用しているパソコンを介して、
痛いほど主人公の気持ちが伝わってきます。
この映画の一番の醍醐味はこれではないでしょうか?

見どころその2:SNSなど、なじみのあるツールが多数登場

この映画にはFacebookやInstagram、Tumblrなど、おなじみのSNSがたくさん登場します。
まさにこういったSNSを使用している世代には、操作している場面一つを切り取っても馴染みのあるものばかりです。

Facebookで娘の友達を検索 したり、 Gmailに潜り込むためにパスワードを再設定したりと
見ていて飽きないのは、この映画に登場するSNSを普段ユーザーとして使用している我々には
おもわず「あるある」と思ってしまう様な馴染みのある場面が多数登場するからでしょう。

見どころその3:人間の持つ人格(ペルソナ)に垣間みる闇

周囲から良く思われたい。
SNS投稿の本質にある承認欲求などが、本当にリアルに描かれています。
人間は人格(ペルソナ)を複数もっていて、それを現実とSNSで使い分けるのは、もはや当たり前といっても良い時代。
そのことがスリラーとして非常に良く機能しています。
父親は娘を調べながら、徐々に自分の知らない娘の別の人格(ペルソナ)を知っていくのです。

友達がたくさんいるはずでは?自分の知らないところでクスリをやっている?

見どころその4:主人公の恐るべきITリテラシーの高さ

主人公はIT企業で働くエンジニア。もちろんパソコンの操作はお手のもの。
娘のパソコンに潜り込み、あらゆるツールを駆使して手がかりを得ていく様は爽快です。
捜査に加わった警察よりも核心にせまる情報に辿り着く手際の良さは、ほれぼれします。
もちろんIT企業で働く描写があるので、不自然さはまったくありません。
そんなパソコンをバリバリ使いこなす主人公ですが、若者向けのツールの扱いに戸惑う描写などもあり、
観客のちょっとした笑いを誘ってくれます。
ちなみにもし僕が失踪しても自分の親はこんなに動いてくれない。というか動けないでしょう。笑

見どころその5:最後まで一切展開が読めない

とにかく 「一体どんな結末が待っているの!?」 と思わせてくれます。
最後まで展開が読めません。観客を惹き付けてくれます。
とにかく最後まで展開が読めませんが、最後の数十分に一気にオチが来ます。

  • 娘の失踪の真相は?犯人は?
  • 父親に見ていた娘と、娘本来の顔。どっちが本当なの?
  • etc…

パソコンを駆使して娘を調べていく上で至る所にちりばめられていた伏線を
気持ちがいいくらい奇麗に回収してくれます。消化不良一切ナシ!

まとめ

この映画のココがスゴい

とにかく低予算

本作はパソコンの画面越しに展開が繰り広げられるので、おどろくほど低予算で作られています。
しかし飽きない。目新しく表現の工夫が随所に散りばめられています。
まさに低予算という弱みを武器にした好例といえるでしょう!

描かれる心理描写がリアル

上記にもありますが、パソコンの画面しか映っていないにも関わらず、主人公の心理描写が凄まじくリアルです。

  • ファイル名のネーミング
  • マウスの操作
  • テキストを打ち込むスピード、タイプ音
  • 着信履歴の数
  • etc

こんなに些細なことでも、リアルに伝わってくるんです。

伏線回収が秀逸

映画にとって一番大事なポイントですよね。2時間近くスクリーンに釘付けにされた観客は、言うまでもなく最後のオチに期待しています。
それまでの展開が面白くても最後が微妙だと、どうもスッキリしません。そんな作品は山ほどあります。
ですがパソコン画面上で展開される本作は、ある種のメディアを通じて伏線を回収できる訳です。
あの事件どうなった?それをニュースが伝えてくれる現実と同様、観客は作中の人々と同じように結末を知ることが出来ます。
いわばリアルタイムで知る様な感覚に近いのです。

この映画のココがイマイチ?

どちらかというとアメリカと日本の文化の違いからなので、向こうでは普通なのかもしれませんが…。
やはり日本人に馴染みのない習慣は、気になるポイントとして最後まで残りました。
文化の違いといってしまえば、それまででしょうけれども。笑

テレビ電話の頻度

もちろん表現のご都合もあるとは思いますが、とにかくFacetimeを使ったコミュニケーションが頻繁に描写されています。
普段Facetimeを使わない…というかテレビ電話をすることがない自分は、違和感を消化しきれませんでした。

ニュースの描写

日本ってニュースで事件が報道されても、直接的な表現を避けると思うのです。
それこそリアルタイムで報道されるのはスポーツくらいなもので、事件は事実が判明してからの事後報道がほとんどです。
ですが、この映画では遺体が発見されるか!?ってタイミングをリアルタイムで報道するんですよね。
例えばそれでとんでもなくグロテスクなモノが映ってしまったら一体どうするんだ!笑
これは映画的なご都合なのか、それともアメリカはこういうものなのか…。

映画「SEARCH(サーチ)」の評価

評価:3.8 

久々にものすごく楽しめた作品でした!
20〜40代の特にパソコンに触れる機会の多い人たち にはピッタリな作品だと思います。
こういう違った角度からアプローチしながらも成功している作品が増えてきている昨今。
これからの映画にも期待してしまいますね!