「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術


こんにちは!
みなさんはこちらの記事で紹介しているコミュニケーションタイプ診断はもうやってみましたか??

あなたは男脳?それとも女脳? 自分の脳タイプを知って仕事や恋愛のコミュニケーション活かそう!

この記事での男女は、いわゆる性別というより、あくまでその人のコミュニケーションタイプのことを指しています。
コミュニケーションタイプによって生じる考え方、感じ方の違いを知って 言葉の選び方 とか 伝え方などが
わかるようになってくれば、スムーズに良好な人間関係が築けるようになります。

さて、今回はそんなコミュニケーションダイプ診断でもあった両極な2タイプ
超ド男タイプ超ド女タイプ の二人のためのモメない会話術を具体例もそえて紹介します。

前回のおさらい

コミュニケーションタイプって?と思っている方はこちらの記事を読んでみて下さい。
コミュニケーションタイプでは大まかに4タイプにわかれており…

  • 超ド男タイプ: 理屈っぽく、負けず嫌い。相手の気持ちを察しない
  • 男タイプ: どちらかというと、やや男より。異性からの好感度高め
  • 女タイプ: どちらかというと、やや女より。異性からの好感度高め
  • 超ド女タイプ: 間隔タイプで、細かい説明をするのはサボりがち

まさに 察しない男説明しない女 とは 超ド男タイプ超ド女タイプ のことを指します。

男は察しない 女は説明しない

男女の会話のすれ違い、その最も大きな原因は

  • 男は「相手の感情や気持ちを察するのが致命的に苦手」
  • 女は「そのことがわかっていない」

という点にあるらしい。うーむ…心当たりありますね。笑
ただ、女性は察するのが得意なのでコミュニケーションは得意な反面「言葉できちんと説明する」事を端折りがちらしい。

すれ違いの原因

  • 男は結論を出したい、女はただただ話したい
  • 男は情報を交換する 女は感情を交換する

この様な会話に対するスタンスの違いが、男女のすれ違うを生むことが多い。

男性は…

女性が会話において必ずしも結論を求めていないことをなんとなく理解しておくことで、
大事な仕事の会話でなければ、むやみに結論や理由を要求をしない。
とにかく辛抱強く話を聞いてあげましょう!

女性は…

ビジネスの場では論理的な会話が求められ、結論をシンプルに話すことが好ましいとされているので、
どうしても「気持ち」を伝えてしまいがちな女性は、まずは一度結論を伝えてから、
次にどう感じたのかを言う、というように伝える順番を心がけるといいです。

すれ違いを少しでも減らすために

とどのつまり、 男は共感 を、 女は説明を 心がけるといい。そのまんまなのですが。笑

  • 男脳よりの人は、言葉の裏側に存在する意図を探るように心がける!
  • 女脳よりの人は、自分の感情をきちんと言葉にして説明するようにする!

男女の会話例

男⇒女:買い物中に妻から「お茶しない?」と誘われた

100%モメる例

女「ちょっとコーヒー飲みたくない?」
男「うーん、僕はいいや」
女「…(休憩したいのに、どうして察してくれないの?)」

こうすると良い!

女「ちょっとコーヒー飲みたくない?」
男「(理由はわからないけど何かあるのかな?)いいね、飲もうか?」
女「良かった。足が疲れちゃって。」

男性は、まずはそのまま受け止めて様子を見るようにしましょう。
そうやって向き合うことで女性は真意を話し始めてくれます。

女⇒男:休みの日にいつまでも夫がゲームをやっていて腹が立つ!

100%モメる例

男「よし!3面クリアできた!」
女「ねぇ!久しぶりの休日なんだけど?」
男「…(あれ、なんか機嫌悪い?)」

こうすると良い!

男「よし!3面クリアできた!」
女「久しぶりの休日だから、一緒に買い物に行こうよ。3時過ぎに家を出るのはどう?」
男「いいよー。じゃあそうしよう。」

女性はまず結論を!イライラを察してもらうことはひとまず諦めて、 してもらいたいこと
導いたほうが上手く行くことが多いです。

男⇒女:女性の同僚から後輩社員が倒れたと聞かされた

100%モメる例

女「今日、○○ちゃんが倒れちゃって大変だったんだー」
男「何で?病院には行かせた?いつ戻れるの?」
女「…」

こうすると良い!

女「今日、○○ちゃんが倒れちゃって大変だったんだー」
男「えー!それは大変だったね」
女「そうなの。慌てて病院に運んだんだけど大したことはなかったみたいで…」

女性の話す「大変だった」「ムッとした」「嬉しかった」「悲しかった」等の感情ワードは受け止めてあげることが大事。
困った時はそのまま「オウム返し」するだけでもOKです。

女⇒男:男性上司から今日の営業の結果について聞かれた

100%モメる例

男「今日の訪問はどうだった?」
女「聞いてくださいよー、今日は○○さんが同席してきて、空気が違っちゃって」
男「…」

こうすると良い!

男「今日の訪問はどうだった?」
女「今日は受注に至りませんでした。○○さんが同席されて、契約に難色を示しまして。」
男「では、対策を立てないとね。」

女性は意識して結論から話すことを意識。
結論から伝えた後であれば「気づいたこと」や「感じたこと」を話しても受け入れられやすくなりますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は具体例もそえて紹介してみました。
「あ〜あるある!」と思うところも多々あったのではないでしょうか??
僕はたくさんありました。笑
みなさんのコミュニケーションの参考になれば幸いです!